ブラック会社の求人広告の特徴について

ブラック企業は離職率が高いため常に求人募集広告を行っていますが求人広告の内容にも特徴があり、その点を踏まえておけばブラック企業につとめるリスクを減らすことができます。

代表的な募集文句として下記のようなものがあります。

未経験者歓迎、学問不問、年齢問わずなどが代表的なものですが、求人の年齢制限がない場合はかなりブラック企業である確率が高いでしょう。

年齢の若い新卒者、20代の人が未経験なのはよくあることなので理解もできますが、年齢の高い人間でも学歴問わず、未経験者歓迎だと仕事内容もだれでもできる業務内容か単純な肉体労働である可能性が高いと考えられます。

サービス業では未経験者採用も高いのですが年齢の高い人は採用しない傾向がつよいようです。

次に目にする求人文句は

人物重視、やる気ある人、幹部候補生、若い社員中心の会社などでしょう。

特徴的な例としては営業職での募集がおおいこと、またパチンコ屋などの娯楽産業でもこの手の求人広告がおおいようです。営業職では実際の職務内容について曖昧な説明がされており具体的な職務内容について記載されていない例があります。

欧米に認められた商品の営業新規ルート開拓と書かれた会社の商品が布団販売で実は押し売り販売だったというケースも過去に報告されていますが、営業職で販売する商品について説明がない場合、ブラック企業であるケースが高いので気をつけましょう。

次にあげられる広告は能力次第で給与アップでしょう。

一見すると魅力的な会社ですが、裏をかえせば会社の認める業績をこなせない限り給与は上がらないということです、その業績が常識外の設定だと安い給料で飼い殺しという状態になります。