ブラック会社の見分け方

就職を考えている企業がブラック企業か見分ける簡単は方法についてまとめてみました。
そもそもブラック企業という言葉は2013年流行語大賞になったことで一般にも広く浸透した言葉ですが、具体的にブラック企業にありがちなことは下記のとおりです。


社員は使い潰しで新規、中途の求人を常にしているので社員が定着せず出入りが激しい。
長時間労働やパワーハラスメントは社内間で横行し労働条件は良くない。
:労働条件もよくなく社員が定着しないのに業績があがるのは社員の給与を抑えているから
:老舗の企業ではなく新興企業にブラック企業がおおい

ブラック企業の可能性が高い会社の特徴としてあげられるのが、上場企業でもないのに新規、中途採用の求人が常に大人数でかけられている。そして離職率がたかいこと。

次に中高年層、特に40代に突入した社員のおおくが役職を持たずに平社員待遇で働いている、これは年齢的にも次の就職先を見つけるのが難しい弱みを企業側が有効に利用しているから。

直近、5年以内に過労死で死んだ従業員がいる、従業員が亡くなったあとも改善されずそのままの社風、労働内容が継続されている可能性がたかい会社といえます。

簡単に見分ける方法について

就職四季報を活用すること就職四季報には3年以内の離職率が掲載されているので離職率が高い企業はそれだけ労働内容が劣悪である可能性が高いといえます。

次に障害者雇用がされている会社か?を確認すること。障害者を雇用する会社は福利厚生が充実しているなど利益が社員に還元されやすい傾向がつよいです、逆に障害者の雇用を断る(一般職など就業に師匠がない業種で)会社などは社員への利益還元など考えずにいる会社である可能性が高いでしょう。