ブラック企業に就職しないために

ブラック企業とは、昨今急激に耳にする機会がふえた単語ですが意味は従業員に対してのパワーハラスメントやサービス残業など労働条件が過酷であり、従業員の人権と生活を帯びやかす会社、企業のことを指します。

なぜ、これほどにブラック企業が問題になったのか?
その理由のひとつに過酷な労働を従業員に強制していながら会社では福利厚生や割増されるはずの残業代などカットする違法行為を堂々と行う会社が存在しているからです。

そして、違法行為をする会社には全国で名のしれている企業も数多く存在しており、過去それらの会社につとめていた人達がネットや労働監督署に訴えるまで放置されて続けていました。

就職難とよばれる現在では就職みつからず止むなくブラック企業に就職した人も少なくありません。
おおくの人達はブラック企業を退職し新たな会社へ就職していますが、これから就職をする人達は自らブラック企業に就職せずにすむよう当サイトではブラック企業の特徴についてまとめています。

就職前、すでに就職した人がブラック企業についての知識が増える役にたてれば嬉しいです。

ブラック会社から脱出するための知識

ブラック企業を退職したいブラック企業に搾取されていた賃金を取り戻したい
しかし、どうやってブラック企業と戦えばいいのかわからない。

そんな悩みを持っている人達も当サイトで紹介している情報でブラック企業との関わりをたつキッカケとなるのではないでしょうか?

ブラック企業に負けないためには法的な知識をもつこと。
法を味方にしてブラック企業の違法行為を訴えることで戦うことが可能です。

知識については当サイトでも紹介しているので参考にしてみてください。
特に会社でのパワーハラスメントに悩んでる人やサービス残業で心身ともに疲労しきってる人は早い段階でブラック企業から脱出して新たな人生を歩むキッカケになればと願います。

ブラック会社を見極めるためのヒント

ブラック企業と思うも思わないも実は、自分次第ってところもあります。 世の中ではブラックブラックと騒がれているので、自分の心の弱い部分も会社のせいにしてしまったりなんてこともあります。 そんな時は、本当に会社が悪いのか自分が悪いのかを大人の常識内で判断したいものです。 もちろん、誰から見てもブラックという場合もあるのでそういった場合は、最初から気を付ける必要があります。 面接の時点でわかるブラック企業の特徴をご紹介します。

面接時間に融通がきく会社は危険

転職だとなかなか、平日の日中に面接にいくことができないため本業が終わったあとの少し遅めの時間や 休日に対応してほしいと面接を受ける側だと思ったりしますよね。 そして、そんな自分の勝手な都合に融通をきかせてくれる会社があればラッキーと食いついて面接に出向いてしまいます。 しかし、これが大変な落とし穴。
あなたが相当魅力的なプロフィールの持ち主であれば話は別ですが、そこそこという場合は要注意!
面接官の休日や帰宅時間を遅らせてまで、急いで人を入れなければいけないほど焦っているわけです。つまわりは、あなたの前にいた人の退職が友好的なものではなかった可能性が考えられます。
そして、その面接官はあなたに予定を合わせてくれているということは、そんな出勤体制がその会社では普通のことというわけです。きっとあなたも、面接通れば休日出勤、予定外の残業はあたりまえでしょう。

休日の面接なのに、面接官以外にも多くの社員が働いている

フレックス制ならば、別ですがきっちり勤務時間が決まっているにも関わらず大体の社員が休日出勤。 表情をよくチェックしてください。顔色があまり良くない人がいたり、身なりが整っていない社員がいる場合は要注意。 どんな仕事でも繁忙期があり、早急に対応しなければいけない仕事というのはありますが あまりにも、休日出勤している人が多い場合はそれが日常化してしまっている場合があります。
休日面接を受け入れてくれたという時点で、ある程度気にかけておくことがまずは大事です。

若い人ばかりが重役にいる

最近は、若い社長などもあたり前なので会社自体の平均年齢が低いというのは普通にあるので若い人が多い会社全てではありません。しかし、ちょっと注意したいのが社長はそこそこの年齢なのに重役や社員には若い人ばかりが揃っているという会社です。それも、30代はほとんどいなくて、20代ばかりという構成は注意がい必要です。
社会人になりたての20代は、自分が未熟なこともありがむしゃらに頑張れる時期です。 30代あたりになると、結婚をしていたり色々なことがあるのでただがむしゃらにというよりは賢く働きたいものです。 そんな30代が全くいない会社は、何か問題がある可能性も…
人数の少ない会社の場合は、たまたまということもありますが、若くても出世が早いですといううたい文句に乗ってしまわないように注意深くチェックしましょう。

不用品を処分する時も不法投棄はダメ

ブラック企業の見分け方?としてゴミを捨てる際の捨て方でもわかります
法人のゴミの捨て方は家庭ごみと違います。不法投棄している法人はもってのほかです。

区市町村に問い合わせをするか不用品回収見積り業者などに連絡してきちんとゴミを処分しましょう。

ブラック企業に負けないためには法的な知識をもつこと。
産業廃棄物収集運搬許可などをしっかりと取っているかを確認が必要です。